学校について

上田安子服飾専門学校は、1941年の開校以来、一流のファッションクリエイターを生み出し続けてきました。世界のファッション界からの最新の技術・トレンドを吸収しながら、歩んでまいりましたその歴史は日本のファッション史そのものと言っても過言ではないのです。当校では“グローバルなビジネスの展開”のできるクリエイターの輩出をめざし、ファッションはもちろんファッショングッズ、靴、バッグ等の企画から生産、商品を販売するノウハウまでをトータルにプロデュースできるプロフェッショナルな人材を育成しています。

学校長メッセージ

三原 道子

三原 道子 上田安子服飾専門学校 / 校長

上田安子服飾専門学校は、1941年の創立以来、「美の追求」という基本理念のもと、社会に必要とされる人材の育成に努めてまいりました。長い歴史の中で卒業生は3万人を数え、国内外のファッション界で数多く活躍しております。より上質なもの、より納得できるものを求める時代の中で、確かな技術に裏付けられたもの作りへの期待が高まっています。真の美しさは、ベーシックな技術が積み重なって生まれるもの。ひとりひとりの才能に、世界に通用する高いレベルの技術を付加するのが教育の役割です。ファッション界にチャレンジして成功するためには、物事を成し遂げる強い意志と、それを支える創造力・技術力が必要だと思います。さらに必要なことは、ファッションを通して世界の人々と共感し、コミュニケーションをとることのできる人間性ではないでしょうか。ファッションで生きていくチカラを、どうぞUEDAで育んで実現させてください。

教育理念

本校が、ファッション教育の理念として大切にしているのは、「技術」「感性」「知性」「時代性」の各々の要素のひとつひとつを丹念に培いながら、さらに4つの要素をバランス良く兼ね備えたファッションクリエイターを育てることです。

そして、この理念を礎に「オリジナリティあふれる独自性とビジネス感性をもった豊かな人間性の追及」をテーマに教育に励んでいます。

  • Technique ; 技術
    業界のニーズに対応し、ファッションを表現する
  • Sence ; 感性
    各自の個性を引き出し、想像力を高めていく
  • Inteligence ; 知性
    幅広い知識と、本物を見極める判断力を養う
  • Trend ; 時代性
    時代の変化を把握、時代のトレンドを読みとる

独自のステップアップによる才能開発プログラム

UDM1 ; 基礎を磨く

ファッション全般の基礎知識と基礎技術の習得&演習プログラム。

ステップ1はファッション全般の基礎技術、知識を修得し、演習するプログラムです。

UDM2 ; 専門を磨く

ステップ1で学んだ基礎をさらに深めていく課程。

各専門コースに分かれ、専門時牛津、ビジネスノウハウなどを実践的なカリキュラムの中で幅広く身につけます。

UDM3 ; 独創を磨く

創造の世界で、学んだ成果を醸成していく第3課程。

ファッションショー、コンテストへの進路に合った企業コンセプトと企業技術を修得します。

UDM4 ; 実践を磨く

プロフェッショナルを確立するためのステップ。

業界と直結した研究と実践、そして海外研修などを通して国際感覚を身につけ、世界で活躍できる人材を育成します。

資料請求

PAGE TOP