UEDA

UEDA

学科・コース一覧

FASHION CREATOR
EVENING

ファッションクリエイター夜間学科

働きながらやWスクールで
プロを目指す!

教員・受講科目の内容、学内イベントへの参加も昼間部と同等。だからこそ、昼間働きながらや、大学・短期大学に通いながらでも、専門職の道が開けます。学費面のサポートも充実しており、自力進学も十分可能な学科です。

学びのプロセス

2年次 後期専攻選択

ファッションクリエイター夜間コースは2年次後期に、将来の目的に合わせ、デザイン専攻・パターン専攻にわかれ、
さらに高度なテクニックと理論を学びながら、自己の美への追求とより独創性のある表現を実践へと生かしていきます。

デザイン専攻

レディス、メンズ、子供服、ニットアンダーウェアなどのデザイナーをめざすコース。このコースでは創造力の開発に重点が置かれ、コンセプトの立案、デザイン、技術、ビジネスをトータルに修得。アパレル業界ではデザイナーとしての道が開かれています。

パターン専攻

アパレル業界の企画・生産部門に携わる技術者をめざすコース。服飾の基礎から、パターン、縫製技術、服飾素材、生産システム、工程分析、品質管理、原価管理など、総合的な知識と技術を修得します。

未来の道

ファッションデザイナー、パタンナー / フォーマルウェアメーカーのファッションデザイナー、パタンナー
スポーツ、競技用ウェアメーカーのファッションデザイナー、パタンナー / 技術指導員 / 独立営業

主なカリキュラム

  • シラパス
  • 授業時間について

D デザイン専攻 P パターン専攻

ファッションドローイング Ⅰ &デザイン論 Ⅰ
ファッションデザインを忠実に絵に表現するための、正確なプロポーションと立体感を把握する。さらに、人体各部やコスチュームの描写方法、彩色の方法を習得する。
ファッションドローイング Ⅱ &デザイン論 Ⅱ
画材による彩色法・素材の表現法・アクセサリーの描写・動きのポーズの描写法などを習得し、オリジナルデザインの発想へ展開する。
ファッションドローイング Ⅲ &デザイン論 Ⅲ
デザインと素材の研究、デザインのTPO、オートクチュールとRTWのデザインの関係を考察し、表現するテクニックを習得する。
パターンメーキング Ⅰ
立体式原型の基礎から、各種デザインの基本製図および応用製図を習得する。
パターンメーキング Ⅱ
各種応用デザインのシルエットを立体式製図により表現する。基本パターンからデザインパターンへの理論的な展開法を習得する。工業用パターンを作成する。
パターンメーキング Ⅲ
基本パターンからデザインパターンへの理論的な展開を学び、さまざまなアイテムのデザインパターンを工業用パターンに作成する。
実習 Ⅰ
縫製技術の基礎を学ぶ。スカート、ブラウス、ワンピース、ジャケットの製作。
実習 Ⅱ
ラグランスリーブ・テーラードジャケット・ショールカラーなどの高度な縫製技術とそのポイントを習得する。
テーラリングテクニック
基本的な部分縫いから高度な技術まで習得し、実物製作に役立てる。
服飾素材論 Ⅰ
さまざまな繊維や織物・編地の基本特性や専門知識を習得する。
服飾素材論 Ⅱ
被服素材の構成要素と内容を学ぶ。
コンピュータ演習 Ⅰ
業界のニーズに対応したデザイン演習、および企画書の作成。
コンピュータ演習 Ⅱ(企画)
業界のニーズに対応したデザイン演習、および企画書の作成。
ファッションビジネス論 Ⅰ
ファッションビジネスの基礎知識を習得し、商品知識と理論を演習により把握する。
ファッションビジネス論 Ⅱ
ファッションビジネスの基礎知識を習得し、商品知識と理論を演習により把握する。
RTW技術
さまざまなドレスの構造・特殊な素材の扱い方など、高度な縫製技術を習得する。
カラーリング D
色彩の知識、カラー情報分析、カラーコーディネート能力を習得。
商品企画 D
市場調査や現場の情報収集から始まり、商品コンセプトの決定やシミュレーション、プレゼンテーションなど多岐にわたる工程に沿ってデザインの可能性を広げます。
ドレーピング&パターンメーキング P
オートクチュール、RTWの的確なシルエット表現を学び、ドレーピングからパターンを作成する技術を習得。また、基本パターンからデザインパターンへの理論的な展開を学び、さまざまなアイテムのデザインパターンを工業用パターンに作成する。

資料請求

学校案内パンフレットを無料進呈しています

Access

UEDAのキャンパスは関西のトレンドスポット「梅田」!

入学に関するご相談はお気軽に

PAGE TOP GO!!