UEDA

UEDA

学科・コース一覧
NEW

HAUTE COUTURE

オートクチュールコース2年次選択

パリ・オートクチュールの
高度な技術の追求をめざす!

基礎的な知識・技術から、オートクチュールデザイナーに
とって必要な応用範囲の広い技術と専門知識を修得します。

学びのプロセス

2年次 コース選択

オートクチュール専攻

パリの最高級技術を高め、自身の世界観を深める

手縫いでしか表現できない素材を使い表現されるその繊細さは見る者を圧倒。オリジナリティを加えた衣装製作を通し縫製技術の向上と共に、デザイン力も高めます。

舞台衣装専攻

ステージ、舞台衣装ならではの製作・表現方法を習得

オートクチュール技術をベースに、演出なども考慮した、舞台仕様の製作技術や表現方法を、実践で学びます。

未来の道

ファッションデザイナー、パタンナー/婦人服、紳士服、ベビー・子供服、ランジェリー、ファンデーションメーカーのファッションデザイナー/
衣裳デザイナー、衣裳製作/フォーマルウェア、ウエディングドレスメーカーのファッションデザイナー/
スポーツ、競技用ウェアメーカーのファッションデザイナー/技術指導員

コースの主な取り組み

特別セミナー、内外イベント展示、オートクチュールボディ製作など

作品発表

上田学園コレクションなどイベントでは、ウェディングドレスやカクテルドレス等1点物を製作。

オートクチュールボディ製作

お仕立てのため、自身のサイズで特注。

主なカリキュラム

  • シラパス
  • 授業時間について
ファッションドローイング&デザイン論
デザインと素材の研究、デザインのTPO、オートクチュールとRTWのデザインの関係を考察し、表現するテクニックを習得する。
パターンメーキング
基本パターンからデザインパターンへの理論的な展開法を追求し、あらゆるアイテムのデザインパターンを、工業用パターンに作成する。効率的なマーキングの方法も学ぶ。
ドレーピング
オートクチュールおよびRTWの的確なシルエット表現を学び、ドレーピングからパターンを作成する。
西洋美術史
美術•絵画•彫刻などの美術様式の変化を、各時代の特徴を通して把握する。
ファッションビジネス論 Ⅲ
ファッションビジネスの専門知識を習得し、ファッション市場の動向を研究する。
オートクチュール技術
パリ・オートクチュールの高度な縫製技術や感性を実物製作により習得する。
RTW技術
RTW技術の既製服のデザインパターン・カッティング・縫製の一貫した知識と技術を習得する。
縫製工学
製品を量産するシステムを工業パターン・原反検査・裁断・縫製加工・仕上げプレスの工程を通して習得する。
コンピュータ演習(CAD・企画)
イラストレーター・フォトショップ・パワーポイント等のソフトウェアにより業界のニーズに対応したデザイン、商品企画の方法を学ぶ。

資料請求

学校案内パンフレットを無料進呈しています

Access

UEDAのキャンパスは関西のトレンドスポット「梅田」!

入学に関するご相談はお気軽に

PAGE TOP GO!!