1. HOME
  2. 学科・コース
  3. バッグコース

BAG

ファッションクラフトデザイン学科
バッグコース

3年制

Dream is a planner / producer of shoes, bags, miscellaneous goods.

バッグデザイナー、プランナー、
技術者を目指す!

基礎的なトートやボストンからバーキンバッグまで、バッグの構造や専門知識を幅広く習得。
海外研修にて海外ブランドのパターンやデザインを学び、世界に通じるプロを育成します。

Movie

BAG01

ファッションクラフト
デザイン学科
1年次
シューズコース
バッグコース
2年次
3年次
1年次
基礎
1年次では、クラフトデザインを広い範囲でとらえた造形の基礎と、靴・バッグの専門知識、デザイン、製作技術の基礎を習得します。
2年次
応用
2年次では、より高度な専門知識を学び、精度の高いデザイン、テクニックを身に付けるとともに、海外にて技術研修を実施します。
イタリア技術研修
3年次
独創 + 実践
3年次では、今まで習得した技術を基に、オリジナルブランドの設計から商品製作までの全てを習得します。

BAG02

少人数制による指導
プロの講師と近い距離で、基礎の形から流行を意識した形など幅広い商品を製作します。
ハイレベルな技術
イタリアでの技術研修を通し、高級仕様のバッグ製作など、数々のテクニックを習得します。
バッグ業界のプロに
リアルクローズから海外のブランドまで、幅広くバッグ業界で活躍できる人材を育成します。

BAG03

上田学園コレクション
制作したシューズやバッグに合わせて、洋服もスタイリングし、ショーで発表。
プレタポルテ展
オリジナルブランドの作品製作とディスプレイ。業界プロに審査される貴重な経験。
上安祭
レザークラフトショップをオープン。販売を通して商品作りに活かします。
万博懇親会
ゲームをしたり運動会をしたりと楽しい1日で、先輩後輩、そして先生との親睦が深まります。
地域貢献
地域の警察のイベントに参加。優秀デザインはサンプル化や表彰式も。
工場見学
素材産地や工場などで、最先端のモノづくり現場を体験。
タンナー見学
皮革の名産地、兵庫県たつの市へ行き、革の生産工程を見学。
たつの皮革祭り
提供して頂いた素材でシューズ・バッグを提案し、たつの皮革祭りにて展示。

2年次 イタリア技術研修

イタリアで約3週間、文化と芸術を体験

シューズコース、バッグコースの学生が2年次に全員で行く海外研修。
イタリアファッションの中心地ミラノと、美術品や建造物などで知られる芸術の街フィレンツェを訪れます。ミラノにある提携校「アルスストリア校」ではシューズ、バッグのパターンを学び、商品企画を発表。フィレンツェでは提携校「パラッツォプッチ」を訪問し有名ブランドGUCCIやFerragamoを生み出した地域の背景などを学びます。トスカーナ地方はレザーの産地として知られており、製造過程を学ぶ産地見学も実施。3週間の中でイタリア文化を体感できるカリキュラムの一つです。

BAG04

バッグ基礎実習
バッグの機能や構造をパターン、デザインの基本形製作によって習得する。
ベーシック
デザインの基礎となる知識、技術を習得し幅広い構成力と表現力を身につける。
コンピュータ演習
業界のニーズに対応した商品の知識やトレンドを基に、企画書を作成する。
北欧刺繍
北欧刺繍の基礎技法(ミラーワーク、ドロンワーク、テープ刺繍等)を習得する。
染色
染料の基礎知識、染色と素材の関係を、作品製作の実習を通じて習得する。
英会話
海外留学に向けて必要な英会話を学ぶ。
バッグ応用実習
トレンドに合ったデザインを追求し製作によりバッグの構造に関する理解を深め、バッグづくりの知識を向上させ応用し展開する。
バッグデザイン
市場性に基づいたデザインを研究し、トレンドをふまえたデザインをプレゼンテーションする。
商品研究
企業や組合・協会とのコラボレーションを、市場性に基づいた商品研究として行う。
デザイン史&概論
デザインの歴史、背景を学び、各時代の特徴を通じて把握する。
海外技術研修
イタリア ミラノ(アルス・ストリア校)でのデザイン技術研修。

時間割例

バッグコース 1年
1 09:30〜
11:00
バッグ基礎実習A バッグ基礎実習B コンピュータ演習Ⅰ
2 11:10〜
12:40
英会話Ⅰ デザイン論Ⅰ
3 13:30〜
15:00
バッグ基礎実習A ベーシック バッグ基礎実習B 北欧刺繍
4 15:10〜
16:40
ファッション雑貨デザイン&プランニングⅠ

※原則として、昼間部は日曜・祝祭日と月~土のいずれか1日が休日の週5日制です。