1. HOME
  2. 学科・コース
  3. ファッション・プロデュースコース

FASHION
PRODUCE

ファッション・プロデュース学科
ファッション・プロデュースコース

4年制

Dream is Fashion Produce

ファッションを統括・創造する、次世代リーダーを目指す!!

今、最も必要とされる、スペシャリスト(専門的な知識や技術を持つ人)とゼネラリスト(幅広くトータルな視野を持つ人)、
この両面を兼ね備えた人材を育成する学科です。
クリエイションからビジネスまでトータルに学び、次世代リーダーを目指します。

FASHION PRODUCE01

ファッション・プロデュース学科
1年次
ファッション・プロデュースコース
2年次
3年次
4年次
1年次
基礎
ファッションの概念とデザインの発想方法、描画技法から、婦人服の基本アイテム制作に必要な、知識・技術を習得します。また、ファッションビジネスと経営に関する基礎知識を学びます。
ニューヨーク研修
2年次
応用
より専門的な知識・技術を習得します。市場を意識した商品デザインを可能にし、経営分析などの、より専門的な知識を学びます。
ヨーロッパ研修
3年次
展開
作品製作を通して実践的な表現力とプレゼンテーション力を養います。また、マーケティング、マーチャンダイジング、ビジネスプランを基礎から体系的に学びます。
4年次
専門
マーケティング、マーチャンダイジング、マネジメントについて専門的に学びます。オリジナルブランドの企画、製造、流通までの一貫したビジネスプランを構築し、学びの集大成として発表します。

FASHION PRODUCE02

グローバルな感性を養う、本格的な実践体験の数々
ニューヨークでのビジネス研修やヨーロッパでの文化研修など、事前研究から事後プレゼンまで徹底する海外研修は、授業の一環。企業コラボなども盛んに行い、現場での実践力を高めます。
目指すのは、アパレルショップ経営のノウハウ育成
担当教員は、大学教諭や企業人として第一線で活躍する方々。だからこそ大学で学ぶ内容はもちろん、現場レベルでの実践力を学ぶことができます。また、学生Webショップを実際に立ち上げ、運営しながら、実践で学びます。
4年制大学卒業と同等レベルの資格を全員取得
4年制専門課程を評価され付与される「高度専門士」は、「大学を卒業した者と同等以上の学力がある」とされ、大学の専攻科や大学院修士課程への入学資格が認められています。また、就職活動でも大きなメリットとなり、より能力の高い人材としての可能性が広がります。

FASHION PRODUCE03

様々な種類の素材の特長を学ぶ。
イベントで衣装製作。
4年間の集大成として、研究テーマに基づき論文を作成。
時代に即したビジネスプランの企画、提案、経営を学ぶ。
ビジネスプランをビジュアルで提案。
社会・経営・企業の仕組みを理解すると共に、就職に有利な経営分析の手法を学ぶ。
コンピュータの基礎的な使い方からプログラミングまでを学び、Webショップの開設に役立てる。
商品を隅々まで確認し指示を出せる人材を目指し、商品製作の過程を学ぶ。

海外研修

NYとヨーロッパで、グローバルな発想やビジネス感覚を。

世界経済の中心であるニューヨークでのビジネス研修や、ファッションや芸術の歴史があるヨーロッパでの文化研修など、クリエイションとビジネスの両方をグローバルに学べる海外研修。授業の一環として全員が参加し、世界を舞台に活躍する人材を育成します。

2年次 ヨーロッパ研修

イタリアの風土、歴史を感じる

授業の一環として2年次に全員が参加するヨーロッパ研修。2019年はイタリア・フィレンツェ、ヨーロッパの風土と歴史を存分に感じることができる場所。専門性を追求し、革製品製作者を多数輩出するパラッツォプッチ校では、ヨーロッパのラグジュアリーブランドのレザー製品を中心にしたデザインやブランディングについて学びます。

1年次 ニューヨーク研修

国際経済の中心地でビジネスの空気を

授業の一環として1年次に全員が参加するニューヨーク研修。ニューヨーク、マンハッタンは世界の主要な商業、金融、文化が集まる巨大都市であり、まさに“いま”を感じることができます。美術館はもちろん、アパレル産業地区やヴィンテージ、古着屋、コスチューム等、様々な地区を見学することもできました。

FASHION PRODUCE04

卒業後に全員が取得できる特別資格

高度専門士

『高度専門士』とは、専修学校専門課程の“4年制専門課程の修了者”に対して与えられる称号のこと。平成17年の学校教育法の改正に伴い、新たに設けられました。4年制専門課程の学習成果を適切に評価し、修了者を「実践的な職業教育によって高度な知識や専門技術を有する付加価値の高い人材」と認める称号でもあります。

大学院入学資格

『高度専門士』の称号を付与された卒業生は、「大学を卒業した者と同等以上の学力がある」とされ、大学の専攻科や大学院修士課程(博士前期課程)への入学資格が認められています。4年間にわたってじっくりと学び高度な知識・技術を習得したその実力は、進学はもちろん就職活動でも大きなメリットとなり、より能力の高い人材としての可能性が広がっています。

卒業後、目指す未来の道

  • アパレル企業の総合職
  • 商社の総合職
  • ファッションプロデューサー
  • ブランドオーナー
  • ショップオーナー
  • マーチャンダイザー
  • ファッションデザイナー
  • バイヤー

卒業後の進路

【卒業者実績一部】

  • ㈱アーバンリサーチ … 総合職
  • アッシュ・ペー・フランス㈱ … 販売・仕入・企画・営業
  • ㈱ロコンド … 開発
  • Mother’s Industry㈱ … 総合職
  • ベイクルーズグループ(JOURNA STANDARD) … 総合職
  • ㈱サザビーリーグ(ESTNATION・3.1Phillip Lim) … 総合職
  • EVISU JAPAN㈱ … 企画・デザイン

卒業生からのメッセージ

2期卒業生が、今話題のEC系(通販)企業で活躍中
田村 麻絢
株式会社ロコンド 営業本部 営業部門

私の仕事は、ネット出品してくださる取引先に、売上アップのためのサポートをすることです。取引先は小売やメーカーなど様々。その形態にあったサポート提案が必要になるため、学校でトータルに学んだアパレル産業の分類や生産・流通の知識などが非常に役立っています。また、Web販売の企業なのでPCスキルは必須。4年間のコンピュータ演習で学んだ技術を活用しています。これからは将来の目標である「プロモーション企画」ができるように、過去の売上やプロモーション分析などをしながら、スキルアップしていきたいです。

FASHION PRODUCE05

服飾実習
部分縫い、スカート、ブラウス、ワンピース、ジャケットを製作する。
パターンメーキング
立体式原型から各種原型、基本アイテムのパターンを作成する。
服飾素材論
アパレル素材の基礎知識と実物サンプルを通して素材の特性の理解を深める。また、アイテムやターゲットに応じた素材選びを学ぶ。
ファッションデザイン論
ファッションの概念を歴史、文化など、様々な事象から解説する。基本アイテムの概要を知り、現在のファッション商品としてデザインする。
ファッションドローイング
ファッションクリエイターが他者とイメージをやり取りする為のデザイン画(視覚化)を製作するための、絵画的な基礎(理論・技術)の習得・応用を目的とする。
立体構成
デザインを考えるうえで必要な立体形の発想や構築法を学び、ケント紙を使った課題により造形の美しさを表現する。
ファッションビジネス概論
アパレル業界の企画、生産、販売までの仕組みをビジネス的な観点から解説する。また、変化するファッションビジネスの現状を最新情報とともに解説する。
ファッション
マーケティング概論
マーケティングの基礎的な用語を解説しながら、企業、製品、市場、顧客など、マーケティングの概念を基に市場にある商品を比較、考察する。
経営学概論
企業論的視点から、企業行動に関する基礎知識を修得するとともに、経済主体の一つである企業行動の影響を理解し、産業の動向や日本経済の実際を広く理解する。
コンピュータ演習
PCの基礎知識、基本操作とアプリケーションソフトの基本操作を習得する。また、必要な情報の「収集・整理・活用」を通じて、実践的な問題解決へとつなげる。
英語
communicative approachによる授業展開で、100%英語でコミュニケーションができるための基礎力を身につける。English-speaking culturesと日本文化の違いを言語と言語外コミュニケーション両分野で身につける。
海外研修
ビジネス及びマーケティングの授業で得た知識を基に、現地の市場をリサーチする。また、海外のファッション都市の知見を広め、今後のビジネス展開に生かす。

時間割例

ファッション・プロデュースコース 1年
1 09:30〜
11:00
パターンメーキング 服飾実習
2 11:10〜
12:40
ファッション
ビジネス概論
立体構成
3 13:30〜
15:00
英 語 ファッション
デザイン論
色彩構成 コンピュータ演習 経営学概論
4 15:10〜
16:40
ファッション
ドローイング

※原則として、昼間部は日曜・祝祭日と月~土のいずれか1日が休日の週5日制です。